News

2011年3月

2011年3月20日

インゴルド氏連続講演会2012年に延期

既に他のHPなどでも告知が流れていますが、インゴルドさんの来日が延期になりました。今回インゴルドさんは、ご家族連れで来日を大変楽しみにしていてくださったのですが、やはり状況が未だに不安定であることから、御本人とも協議の上、来日を延期することになった次第です。御本人が延期を提案してくださったことは大変にありがたいことでした。


今回の凄まじいスケールの震災と傷ついた方々を前に言葉を失くします。また今後じわじわと広がっていくであろう放射能漏れ事故の影響について考えると、不安の間断ない持続に疲労を感じずにはいられません。2012年に、ヒトという生き物が自然環境のなかで「生きること」そして「つくること」について、インゴルドさんを囲んで話せる状況になっていることを祈ります。


 


 

2011年3月10日

思想・哲学の物象化


フーコー、ドゥルーズ、そして私にとってはベイトソンの思想は、とりあえずディスカーシヴな言語によるポストモダン哲学・思想の一つの到達点だったように思う。言語で語るかぎり、だいたい彼らの議論の言い換えにしかならないでしょう。これからすべきことは、科学的手法を介して別の用語体系によってこれらの思想を精緻化すると同時に、これらの思想が物象化するための道筋をつけることなのではないだろうか。かつてそうであったように、建築はその物象化の最良の可能性であり続けるのでしょう。4月9日のシンポジウムにはそのような思いが込められています。



267.JPGのサムネール画像

Home > Blog > 2011年3月