経験を変化させる道筋を拓く

2008年 7 月 11日, tami Posted in 未分類 |

『週刊 読書人』(7月18日発行)に河本英夫先生が『ディスポジション』の書評「経験を変化させる道筋を拓く:行為の組織化の輪郭線を取り出して」を書いて下さいました。力強い言葉で、本書の意義を語り直してくださっています。http://www.dokushojin.co.jp/shohyo.html

本書もいくつかの論文が、観点を変えるのではなく、経験の仕方そのものを変更するようなそうした事態に果敢に踏み込んでいる。

ぜひご一読ください!

 

コメントを投稿する